H412 Harvester Head | Waratah Skip to main content
H412 ハーベスタヘッド

H412

ハーベスタヘッド

重量(ローテータとリンクを除く) アイコン
735 kg / 1,620 lb
重量(ローテータとリンクを除く)
油圧条件 アイコン
28 MPa / 4,061 psi
油圧条件
最大切断径 アイコン
470 mm / 18.5 in
最大切断径
最大枝払い直径 アイコン
370 mm / 14.6 in
最大枝払い直径
販売店検索

Waratah H412 は、小型のホイール式およびキャタピラ式機材用に作られたコンパクトなヘッドです。パワフルなフィード、正確な測定、優れた枝払いパフォーマンスを持つ H412 は、二輪駆動と四輪駆動のハーベスタヘッドの長所を兼ね備えています。コンパクトなサイズで密集した間伐拠点でも高い機動性を発揮し、一度に複数の木材を扱えるこの装置は、燃料用木材の伐採に最適です。

H412 は、4 つの油圧フィードモーターを備えた、パワフルで横滑り防止機能付きの四輪駆動フィードを特徴とします。実績ある EV02 バルブが効率的な油圧オイル流量とヘッド制御を実現しています。メインフレームは溶接後に一体として機械加工され、耐久性と寸法の精度を高めています。3 つの可動式枝払いナイフ、固定式上段ナイフ 1 つと固定式バックナイフ 1 つが幹の曲線に沿って進みます。

高効率の SuperCut 100 ソーユニットは、高速切断サイクルと、470 mm (18.5 in) のフェリング最大直径を提供します。また、SuperCut ソーユニットのチェーンへの自動注油機能とテンションシステムにより、切断性能が向上し、メンテナンスにかかる時間も短縮できます。

技術データ

寸法: 幅(アーム部分を広げたとき) 1320 mm 4.3 ft
幅(アーム部分を閉じたとき) 1070 mm 3.5 ft
高さ(ローテータおよびリンクを除く) 1155 mm 3.8 ft
重量: ローテータおよびリンクを除く 735 kg 1,620 lb
フェリング / 切断: 最大鋸切断直径 470 mm 18.5 in
ソーバー 540 mm 21.3 in
バーのタイプ 10 mm 0.404 in.
チェーン速度(m/s、ft./s) 40 m/s 132 ft/s
フィード: 4WD、油圧駆動式スチール製フィードローラー
総フィード力
450/200-cc モーター利用時 17 kN 3,822 lbf
スピード 4.5−6.0 m/s 15~20 ft/s
フィードローラーの最大開口幅: 530 mm 20.8 in
枝払い: 枝払いナイフ 可動式 3 つと固定式 2 つ
最大枝払い直径 370 mm 14.6 in
上段ナイフの最大開口幅 550 mm 21.6 in
下段ナイフの最大開口幅 600 mm 23.6 in
油圧条件: 最大作動圧力 28 MPa 4,061 psi
推奨ポンプ容量 200–280 l/min 53–74 gpm
制御および測定システムへの対応: Timbermatic 300、H09
TimberRite、Motomit IT/PC、Dasa 4
制御および測定システム、新製品: TimberRite

オプション設定

カラーマーキングシステム ローテータバルブ
切株処理 ローテータおよびリンク
スチールスパイク付き、リブ付き、または V 字型ローラー フィードローラーガード
複数の木材のハンドリング 代替の測定ホイール

国により販売されているモデルは異なります。サービスおよびサポート体制も地域により異なる場合があります。詳細はお近くの販売店にお問い合わせください。

Waratah logo