H212 Harvester Head | Waratah Skip to main content
H212 伐採&プロセッサヘッド

H212

ハーベスタヘッド

重量(ローテータ、リンク、または複数の木材ハンドリングを除く) アイコン
770 kg / 1,698 lb
重量(ローテータ、リンク、または複数の木材ハンドリングを除く)
油圧条件 アイコン
28 MPa / 4,061 psi
油圧条件
最大切断径 アイコン
520 mm / 20.5 in
最大切断径
最大枝払い直径 アイコン
360 mm / 14.2 in
最大枝払い直径
販売店検索

パフォーマンスとスピードを重視し、コンパクトで機動性に優れた H212 は、伐採、造材、剥皮の用途において高い生産性をもたらします。堅牢で機敏な設計の万能ヘッドは、小さくても大きなパワーを発揮します。

H212 の新しい高性能 SuperCut 100S ソーユニットは、自動テンショニング機能が向上し、修理が簡単になりました。直径最大 520 mm(20.5 インチ)までの木材を伐採、造材することができます。また、確実な枝払いを実現する枝払いアームは、太い幹や曲がった幹でもパワフルなフィードとドライブアームのグリップを可能にします。

ナローヘッド設計のため、ナイフやローラーの使用時でも視界を遮らず、細い木が密集した場所でも高い敏しょう性を発揮します。また、ソーボックスもフェリングの際に視界を良好に保つとともに、旋回することで効率的に木を切断します。

さらに、H212 は TimberRiteTM H-16 制御システムを採用しています。このシステムはユニークな多機能性を誇り、ヘッドのパフォーマンス、生産性、測定精度を高められるように設定を調整できます。

技術データ

寸法: 高さ、標準傾斜フレーム、ローテータおよびリンクなし(mm/インチ) 1360 / 53.5
幅(アーム部分展開時)(mm/インチ) 1150 / 45.3
幅(アーム部分を閉じた状態)(mm/インチ) 1025 / 40.4
重量: 770 / 1698(標準)
830 / 1830(MTHを含む)
枝払い: フロントナイフ 固定
上段ナイフの最大開口幅(mm/インチ) 500 / 19.7
最大枝払い直径(mm/インチ) 360 / 14.2
リアナイフ(mm/インチ) 1つ
リアナイフの最大開口幅 550 / 21.7
フィード: 駆動ローラーの数 2つ
フィードローラーの最大開口幅(mm/インチ) 440 / 17.3
最大フィード力 398 cc モーター(kN/lbf) 20 / 4496
最大フィード速度(m/s、ft/s) 5.4 / 17.7
切断: 最大フェリング切断直径(64cmバー)(mm/インチ) 520 / 20.5
最大ソーバー長(mm/インチ) 64 / 25.2
チェーンタイプ(mm/インチ) 10 /.404
MTH 容量(DBH で測定)(mm/インチ) 2 本:130 / 5.1 3 本:100 / 3.9

オプション設定

他の制御システムとの適合 カラーマーキング
切株処理(ノズル、ソーバー、または両方) 造材用上部枝払いナイフ
複数の木材のハンドリング ソー潤滑(バーオイル / グリースオプション)
キャタピラ式運搬車用 HD 傾斜フレーム 防雪
測定ホイールのオプション ユーカリ剥皮設定オプション
フィードホイール:ユーカリ剥皮、スチール製サムネイル、スチール製リブ付き

国により販売されているモデルは異なります。サービスおよびサポート体制も地域により異なる場合があります。詳細はお近くの販売店にお問い合わせください。

Waratah logo