ハーベスタヘッド: H219X| Waratah Skip to main content
H219X ハーベスタヘッド

H219X

ハーベスタヘッド

重量 (ローテータ、リンクを除く) アイコン
2050 kg/4,519 lb
重量 (ローテータ、リンクを除く)
最大油圧条件 アイコン
28 MPa/4,061 psi
最大油圧条件
切断能力 アイコン
750 mm/29.5 インチ
切断能力
最大枝払い直径 アイコン
510 mm/20.1 インチ
最大枝払い直径
販売店検索

主に有軌道台車に使用、H219X は標準で重荷重傾斜フレームを備えており、生産性を最大限に高めます。 H219X は硬材、軟材を含む最終フェリングや後の間伐でサイズの大きい木材の処理でも、ユーカリ剥皮でも効率的に作業できます。

ナローヘッド設計のため、間伐作業での視界が広くなり、2 ローラーのジオメトリ設計によって直径 750 mm (29.5 インチ) までなら複雑な形状のあらゆるサイズの木材を効率的に処理できます。

このヘッドには、自動チェーン張り調整機能を備えた SuperCut 100S ソーユニットが取り付けられています。 バルブカバーが新しくなり、ホース配管が修正され、保守がしやすくなりました。

長いアッパー枝払いアーム、トップソーと先端検出センサーなどの構成オプションによって、作業の生産性が高まります。 新しい長さ測定ユニットによって、さらに正確な測定のために一体型の形状が進化し、測定の失敗ややり直しが減少しました。

技術データ

直径 幅、アーム部分を広げたとき (mm/インチ) 1900/74.8
幅、アーム部分を閉じたとき (mm/インチ) 1190/46.8
高さ、標準傾斜フレーム、ローテータおよびリンクなし (mm/インチ 1970/77.6
重量 ローテータ、リンク、および一部オプションを除く (kg/lb) 2050/4,519
枝払い フロントナイフ 固定
  上段ナイフの最大開口幅 (mm/インチ) 800/31.5
  最大枝払い直径 (mm/インチ) 510/20.1
  リアナイフ 1 個
  リアナイフ最大開口幅 (mm/インチ) 870/34.3
フィード 駆動ローラー数 2
  フィードローラーの最大開口幅 (mm/インチ) 760 / 29.9
  最大フィード力
  1259/944-cc モーター使用時 (kN/lbf) 37.7-28.1
8,385-6,317
  1404/1050-cc モーター使用時 (kN/lbf) 41.6-31.2
9,352-7,014
  最高フィード速度 (m/s、ft/s) 4.5-6.0
15–20
油圧要件 最大作動圧力 [Mpa/PSI] 28/4,061
  推奨ポンプ容量 [l/min.,gal/min.] 320–380
85-100
切断 最大フェリング切断直径 (mm/インチ) 750/29.5
最大ソーバー長 (mm/インチ) 900/35.4
チェーンタイプ (mm/インチ) 10/.404
キャリア要件 車両 (メトリックトン) 20–30
有軌道 (メトリックトン) 25–35
コントロールおよび測定システム TimberRite H-16

 

オプション設定

カラーマーキング 切株処理 (ノズル、ソーバー、または両方)
HD 傾斜フレームオプション スチールスパイク付きフィードローラー
スチールリブ付きフィードローラー チェーンおよびソーバーキット
油圧ホースキット トップソー
加工アッパー枝払いアーム ソーチェーングリース潤滑
先端検出センサー

国により販売されているモデルは異なります。サービスおよびサポート体制も地域により異なる場合があります。詳細はお近くの販売店にお問い合わせください。

Waratah logo